復帰に向けての準備をしよう!産後のお仕事

やっぱり大変!?子育てと仕事の両立

生まれたての赤ちゃんのお世話は本当に大変なものです。妊娠中には想像もしていなかったことがたくさん降りかかってきて、すぐにお母さんのキャパシティはいっぱいになってしまいます。正直仕事をしている方が断然楽!と思ってしまうお母さんもたくさんいらっしゃることでしょう。こんなに大変な子育てに普段の仕事をプラスするとなると、出産前のような働き方は当然難しくなってきます。子育てをしながら働く場合は、家事の効率化、お父さんの協力など、何かしらの工夫が必要になってくるでしょう。

時短を活用!育児の体力を確保しよう

育児しながらでも仕事も以前と変わらないペースで進めていける強いお母さんもいらっしゃるかもしれません。しかし体力的にも精神的にも育児は消耗するもの。仕事の疲れで育児がままならなかったり、イライラをぶつけてしまうくらいなら、仕事の量をセーブして少しでも育児に費やすの体力を確保をしておくほうがいいかもしれません。仕事も自分のことも思いっきりできないと嘆いていても、子供はそのうち大きくなります。今だけしか味わえない子供のかわいさを存分に堪能できる時期だと思ってできるだけ楽しんでいきましょう!

お父さんと上手に協力しよう!

核家族化が進んだ現在では、育児を普段から一緒にやってくれるのはお父さんしかいなくなっています。家事も育児も、そして仕事も全部お母さん一人が担うのは負担が大きいです。お父さんにやってもらえることを増やしていくと、お母さんの社会復帰が順調に進みやすくなりますよ。ポイントはやってほしいことをお願いするときにイライラしながら伝えないこと。お父さんの振る舞いややってくれないことにカチーン!と来てもいったん飲み込んで、美味しいスイーツでも食べて一息ついたところで「実はね」と伝えると、お父さんも受け入れやすくなります。

朝は時間に追われる主婦にとって、家事とパートをうまく両立させるためには、自宅から通勤距離が短い職場で働くことが、主婦のパートを長く続けることにつながります。